2010年05月15日

「補助金出してるから会長に」=阿久根市長、市体育協会に要請―鹿児島(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が4月、同市体育協会に対し、担当部署を通じて「市長を会長にできないか」と求めていたことが14日、分かった。
 阿久根市体育協会によると、市生涯学習課長らが4月末に事務局を訪れ、「協会には補助金を出しているので、竹原市長を会長にできないか」などと要請した。市は同協会に総合運動公園の管理を委託している。
 後日、同協会幹部が生涯学習課長に事情を聞いたところ、「市長は、会長になれなければ委託先を変えると話している」と説明したという。同課関係者は取材に対し、「課長は市長に言われた通り報告しただけ」としている。
 同協会は12日の理事会で、「会長は協会の評議員から決めることになっており、市長には資格がない」として、総会に諮らないことを決めた。
 阿久根市秘書係の話 市長は公務で出張中で、コメントの確認ができない。 

【関連ニュース】
新IT戦略のポイント

教科書検定プロセスが明らかに 研究センターで資料公開始まる(産経新聞)
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件−東京地裁(時事通信)
菅財務相 雌伏の日々「5月政変」に備え?(毎日新聞)
<痴漢>埼京線全編成に防犯カメラ設置へ(毎日新聞)
神奈川県副知事に黒川氏(時事通信)
posted by フルハシ マサアキ at 19:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。