2010年05月01日

殺人時効撤廃 「報われる」「苦しみ続く」 遺族ら思い複雑(産経新聞)

 改正刑事訴訟法で廃止される殺人の公訴時効。“タイムリミット”の存在に疑問の声を上げ続けてきた遺族は「報われる」と賛意を示す。一方、「苦しみと決別する区切り」として受け入れてきた人や、ひき逃げなど対象とならない事件で家族を失った人からは不満も漏れる。

 「多くの遺族が報われる。『お父さん、がんばったよ』と報告したい」と話すのは平成8年に上智大生の娘を殺害された小林賢二さん(63)。「殺人事件被害者遺族の会(宙の会)」代表幹事として時効廃止を訴え続けてきた。会長で東京都世田谷区の一家4人殺害事件の遺族、宮沢良行さん(82)も「画期的な改正」と評価する。

 時とともに処罰感情が薄らぐことが時効存在の理由の一つとされていた。しかし、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」幹事で、9年2月に千葉市の自宅で高校教諭の夫を殺害された内村和代さん(70)は「薄れるなんて絶対にない」と断言。

 一方、9年に8歳の次男を交通事故で亡くした片山徒有さん(53)は「時効は被害者が事件に区切りをつけ、立ち直るきっかけになる」との立場。「時効廃止でかえって苦しみが長く続く」と指摘する。

<水死>不明の6歳男児の遺体 誤って転落か 高知・国分川(毎日新聞)
「愚かな首相」は共感を得られるか(産経新聞)
国内移動、14年連続低下=景気低迷で−総務省(時事通信)
ホラー小説大賞にふりーくかな氏(時事通信)
責任の所在は… ストーカー殺人で妹を失った尾ノ井廣行さん(産経新聞)
posted by フルハシ マサアキ at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)

 国民健康保険中央会は4月19日、同会の「総合医体制整備に関する研究会」(委員長=水野肇・医事評論家)の報告書を公表した。日本の医師の育成が「臓器別の専門医」に偏重しており、体の不調を感じた地域住民がすぐに大病院を受診したり、複数の医療機関をはしご受診したりする問題があると指摘。幅広い症状に対応でき、初期診療を担う「総合医」を育成・普及して、地域住民が最初に受診するかかりつけ医をあらかじめ決めておくことで、こうした問題の解決を図ることが期待されると提言している。

 報告書では、総合医に求められる役割を、▽地域住民によく見られる症状に幅広く対応する▽初期診療に対応し、ほかの専門的な医療機関などを適切に紹介する▽住民・患者と継続的な関係を保つ▽住民・患者の疾病予防や健康づくりを行う―の4つに整理。その上で、地域住民一人一人が最初に受診する総合医をあらかじめ決めておき、ほかの専門医を受診したり、病院に入院したりする場合にはその医師の紹介が必要となる受診行動のイメージを提示した。こうした体制が構築できれば、診療所と病院の連携不足や、病院勤務医の過重労働などの問題を解決できるとの見通しを示している。

 総合医の育成に関しては、専門医の一つとして総合医を位置付け、初期臨床研修後の専門研修で「総合医コース」を選択できる教育・研修システムを早急に確立することを提案。研修に際しては、「医師だけでなくコメディカル、地域の人たち、医療の利用者など多くの人々の協力のもとに実施されることが望ましい」などとしている。


【関連記事】
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」
報告書の骨子案を提示―へき地保健医療対策検討会
医学教育などで新政権に要望書提出へ―医学部長会議
総合医認定制度の早期創設を
柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会

<JR脱線事故>9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート(毎日新聞)
<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
<エレベーター>11人閉じ込められる 大江戸線・森下駅(毎日新聞)
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件(時事通信)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
posted by フルハシ マサアキ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

<将棋>羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)が8、9の両日、東京都文京区の椿山荘で行われる。羽生が3連覇を達成し、名人獲得を通算7期に伸ばすか。三浦が名人初挑戦で奪取を果たすか。将棋界注目の対決が開幕する。

 両雄によるタイトル戦は14年ぶり。96年の棋聖戦では、三浦が当時7冠の羽生を破った。だが、03年の途中からは、羽生が三浦に10連勝している。

 椿山荘では7日、前夜祭が開かれ、他のA級棋士を含む関係者やファンら約350人が参加。羽生は「ひのき舞台にふさわしく、ファンの人を楽しませる将棋を指したい」、三浦は「美しい椿山荘の桜に負けないような素晴らしい棋譜を残したい」と決意を語った。

 また、毎日新聞社の朝比奈豊社長が「今回も公募の中から対局場が選ばれました。各地で将棋ファンが首を長くして待っていることでしょう」、朝日新聞社の秋山耿太郎社長が「棋力、体力が充実されているお二人の対局を見せていただきたい」と語った。日本将棋連盟の米長邦雄会長、大和証券キャピタル・マーケッツの吉留真社長もあいさつ。来賓の川端達夫文部科学相、原口一博総務相が祝辞を述べた。

 第1局の先後は「振り駒」で決める。持ち時間は各9時間。立会は大内延介九段、解説は飯島栄治六段、記録は渡辺愛生三段。【山村英樹】

【関連ニュース】
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
ひと:久保利明さん 王将を獲得、2冠制覇の棋士に
将棋:久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け
将棋:王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利
将棋:久保棋王 羽生王将破り王将奪取 王将戦第6局

<高校生>日本は教科書好き…体験・発言は苦手です(毎日新聞)
<選挙費用>未払いのまま連絡取れず…落選の国民新党候補(毎日新聞)
<訃報>秋田徹さん79歳=元川鉄商事専務(毎日新聞)
<警察庁長官>北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)
徳島海保が鳴門市沖の貨物船衝突事故で船長を書類送検(産経新聞)
posted by フルハシ マサアキ at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。